DNMLブック作品事典

(始まりの終わり、終わりの始まり)

始まりの終わり、終わりの始まり(はじまりのおわり おわりのはじまり)

項目名始まりの終わり、終わりの始まり
読みはじまりのおわり おわりのはじまり
分類KANON

質問:作品評価(客観的に)(回答者:2人)
傑作
0
良作
2
迷作
0

公的データ(作者以外書き込み禁止)
  • 舞を、そして佐祐理を失った祐一。それは、閉ざしたはずの扉を開く――――
    「The Show Plain Ver.L」の生糸さんの連載SSをDNL化した物です。第一部「闇の始まり」と第二部「闇の向こう」を収録しています。
    全体的に暗く、哀しい展開が多いお話ですが、読んでいただけると幸いです。苦手なダークものでありながらが私が気に入った、今のところ唯一の作品です。(すえぞう)
  • 読者側の感想・紹介
  • 生糸・すえぞうさん作。舞BADのアフターストーリー。展開自体は奇抜であっと驚くことは間違いないし、オリジナルの音楽や背景を使ってるなど、そうとう苦心していることはわかります。が、2章の方でONEキャラの名前を使ったのが大きな減点要素。別人だとはわかってはいるんですが、意識するなという方が無理があります。極道漫画のキャラのほうがまだ違和感ありません。それを別にしても、2章は一体何の世界を描いているのか不明。シリアスのはずなのに人がギャグのように殺され、しかも話の内容がいまいち不明確(舞シナリオらしいといえばそうとも言える) 。裏の世界の話にしても、なんだか時代と国が違う気がしてなりません。1章のまま終わっても別に問題は無かったのでは?と思います。ONEキャラや大量虐殺を真剣に直したら傑作になるかもしれない残念な作品です。感想も両極端に分かれているとかで、クセがとても強い作品です。 (エルラ)
  •  確かに良作です。けど、二章は、どうも……。世界観が、丸潰れになった感じでした。それに、簡単に元に戻れるのか?なんていうか、後味悪かったかな……。
     一章で、個人的には終らせて欲しかった。(皐月)
  • 関連リンク
  • The Show Plain Ver.L(すえぞう)
  • 物置小屋(エルラ)
  • この項目に書き込む / この項目の一部を削除する
    辞書を綴じる / 注意事項 / 新規項目の登録 / リロード / 管理モード