DNMLブック作品事典

(Kanon落語劇場『火焔太鼓』)

Kanon落語劇場『火焔太鼓』(かのんらくごげきじょう かえんだいこ)

項目名Kanon落語劇場『火焔太鼓』
読みかのんらくごげきじょう かえんだいこ
分類KANON

質問:作品評価(客観的に)(回答者:58人)
傑作
27
良作
31
迷作
0

公的データ(作者以外書き込み禁止)
  • まだ書き込みはありません。
  • 読者側の感想・紹介
  • おーふなさん作。KANONのギャグ。『Kanon落語劇場『呂敷』』に比べて、KANON色が強いのでこれは普通に読めました。というか面白かったです。原作落語の自体が面白いのもあるでしょうが、時折挿入されるキャラの大根役者ぶりがまた笑いを誘います。なんというかこのシリーズ、KANONキャラが劇をしているような感じが出れば出るほど違和感なくて面白いような気がするんですが……。『Kanon落語劇場『呂敷』』だけが特殊だったのかなあ? まだ全部見てないのでどうとも言えません。舞、演じ方に性格出てて面白かったです。真琴も。(エルラ)
  • 関連リンク
  • おーふな書林(エルラ)
  • この項目に書き込む / この項目の一部を削除する
    辞書を綴じる / 注意事項 / 新規項目の登録 / リロード / 管理モード